5年間派遣スタッフのままでしたけれど

零細企業では職場のパワーハラスメントを改善することは非常に難しいのが実情です。リベラルな会社、という理念が先ずありませんから専制君主制が敷かれているのです。

社員度同士でのいさかいをすすめ、自分だけが帝王の位置につく、という最悪のパターンを見て見ぬふりをする事業主は、はかりれないほど存在するでしょう。
そんな世の中ですが、いちいち労働基準監督署に訴えて業務改善命令を出してもらう草の根運動を行うほか対応はありません。

事業主が、事業拡大を目指して社風改善を目指したり、労務問題に詳しい弁護士を顧問として受け入れたり、向上意識が芽生えていきます姿は、社会全体がレベルアップするっことにつながるのです。

パワーハラスメントや職場での様々なハラスメント、を指摘して、「それが何か?」という社会では明るい未来につながりません。

取引先に敬われるような会社にしたい、地域に誇れるような会社をしたい、経営者として胸をはって過ごせるような会社つくりを応援する社会の存在が、ブラック企業撲滅には不可欠といえるでしょう。

悪いことをすれば捕まる、訴えられる、必ず負ける、という社会を実現する必要があるのです。

悪いことをしたもの勝ち、よいことをした者が損をする、という世の中ではブラック企業が万円してしまうのです。

しかし、わたくしは、5年間派遣社員として、メーカーで同じ仕事をいたしましたが、派遣社員のままなのです。メーカー側が毎年社名を変更しますので、毎年違う会社と契約していることになるらしいいのです。仕事は5年間、増えるだけで減りませんし、配置も変わりません。

これはブラックでしょう。

しかし、市役所や、国立大学のスタッフの方々も何やかやと言って、ずっと派遣スタッフとして同じ仕事を続けられている現状があります。

大手企業も国立の場所も市立の場所もブラック的雇用ですから、中小企業に守れというのは間違っているでしょう。

先ずは、大手企業や国立施設の職員の方々を派遣スタッフから職員として迎えましょう。

PR|心の童話生命保険の選び方英語上達の秘訣童話アフィリエイト相互リンクショッピングカート貯蓄家計見直しクラブサプリメントお家の見直ししま専科内職 アルバイトGetMoneyJALカードお小遣いNETSEOアクセスアップ相互リンク集マッサージのリアル口コミ.com英語上達の秘訣